熱中症に注意!!

皆さまこんにちは!!


104 FOCUS GYM 代表のトシです♪


6月に入り、ジメジメした時期に入りましたね、、、、。(笑)


個人的には、1年の中で苦手な季節です(*_*)


今回は、『熱中症』について、少しお話させていただきます。


そもそも、熱中症とは?


高温多湿な環境で、私たちの身体が適応できないことで生じる様々な症状の総称です。


以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。


×めまいや顔のほてり

×筋肉痛や筋肉の痙攣(けいれん)

×体のだるさや吐き気

×汗のかきかたがおかしい

×体温が高い、皮膚の異常

×呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

×水分補給ができない


もし熱中症かなと思ったときは・・・


★すぐに医療機関へ相談、または救急車を呼びましょう

★涼しい場所へ移動しましょう

★衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

★塩分や水分を補給しましょう


熱中症の予防と対策


◎水分をこまめに摂取→のどが渇く前に水分補給

◎塩分をほどよく取ろう→毎日の食事を通してほどよく塩分を取りましょう

◎睡眠環境を快適に保つ→エアコンや扇風機を使って睡眠環境を整えましょう

◎丈夫な体を作る→バランスのよい食事や質の良い睡眠をとり、丈夫な身体を作りましょう

◎気温と湿度を気にする→自分がいる環境を理解して、気温・湿度が高くなるのを防ぎましょう

◎室内を涼しくしよう→窓の開放やエアコンや扇風機で室温を適度に下げましょう

◎衣服を工夫する→衣服は麻や綿などの通気性のよい生地を選んだり、

             インナーは吸水性や速乾性が良いものを選びましょう

◎日差しを避ける→帽子をかぶったり、日傘をさしたりテントを張ったり、直射日光を避けましょう

◎冷却グッズを身につけよう→冷却シートやスカーフ、水枕などの冷却グッズを活用しましょう

◎飲み物を持ち歩く→いつでも水分補給できる状態にしましょう

◎休憩をこまめにとろう→暑さや日差しにさらされる環境で活動するときは、

                こまめな休憩をとりましょう

◎熱中症指数を気にしましょう→テレビやWebなどで公開されている熱中症指数、

                     熱中症の危険度を気にしましょう


熱中症の予防と対策を徹底して『熱中症ゼロ』を目指しましょう!


5回の閲覧

 個別指導特化型 ‐ 高齢者運動 ‐ 競技力向上 ‐ 筋肉増強 -  ViPRトレーニング - リズムトレーニング

パーソナルジム トシフォーカスジム
〒849-1311 鹿島市大字高津原4344-4   TEL: 0954-60-5401